Wing 57

BLK/LIME FLUO MATTE S/M
HL530021

Wing 57 is the outcome of an intensive, concentrated engineering and aerodynamics research project. This helmet is a combination of innovative technological concepts, breathtaking aerodynamics and distinctive design language. Dorsal Ridge, Vortex Killer System, removable aerodynamic tail and vents, magnetic visor make Wing 57 the best choice in terms of aerodynamics, performance and comfort

Version
WING57 BLACK/LIME FLUO MATTE S/M HL530021
HL530021
WING57 BLACK/LIME FLUO MATTE S/M HL530021
HL530031
WING57 RED FLUO/WHITE SHINY S/M HL530031
HL530601
WING57 TEAM CCC ORANGE/BLACK MATTE S/M HL530601

Size

  • Gender UNISEX
  • Weight 320 g . |11,2 oz
  • Dimension S-M (cm54 – 58 / 21,3” - 22,8”) - L (cm59 – 61 / 23,2” - 24”)
  • Certifications CE / EN 1078, CPSC12.03

Tech Specs

  • 6 Vents Flow Through Ventilation
    6 Vents Flow Through Ventilation
  • Fastex System Closure Buckle
    Fastex System Closure Buckle
  • Free Padd Interchangeable Comfort Padding
    Free Padd Interchangeable Comfort Padding
  • RSR 8 + Adjustable Retention System
    RSR 8 + Adjustable Retention System
  • Rudy Lock Buckle
    Rudy Lock Buckle

Wing 57

Wind tunnel testing session

50年に渡るFormula1での経験を持つSwiss Side社は、そのエアロダイナミックと工学に関する知識で自転車産業を革新しました。ルディプロジェクトは、全てのヘルメットモデルについてSwiss Side社での風洞実験で性能をテストしています。

Report
FLIP UP

FLIP UP

フリップアップシステムは、気象条件による眼への負荷を最小化し、空気抵抗を低減し、完全に包み込むように眼を保護できる、ユニークで着脱可能なシールドを備えています。マグネットを採用した実用的な設計によりヘルメット着脱を妨げず、ロングライド時には曇りを防ぎ冷却効果を生み出します。

Universal Dorsal Ridge
Universal Dorsal Ridge

Universal Dorsal Ridge

サメからヒントを得たドーサルリッジ構造により、まるでロングテイルヘルメットであるかのように、横方向の力を前方への推進力に変えることができます。横風に有利なように側面の面積を確保していますが、前方投影面積は小さいままです。

EPS IN-MOLD CONSTRUCTION

インモールドテクノロジーにより、拡張性ポリスチレン(EPS)をポリカーボネート製のアウターシェル内に直接射出し、衝撃吸収フォームを作ることが可能になりました。その結果、衝撃に強く超軽量で通気性に優れた構造が出来上がります。EPS製フォームとポリカーボネート製アウターシェルの組み合わせにより、衝突の衝撃に耐えると同時に、衝撃エネルギーを分散しヘルメット着用者の頭部に伝わることを防ぎます。

VORTEX KILLER SYSTEM

ボルテックスキラーシステムは、ヘルメット後方へ空気を真っすぐに流動させるよう開発されました。ヘルメットのジオメトリーと側面の通気孔を科学的に組み合わせ、空気抵抗と不安定さを生み出す空気の渦の発生を防ぎます。独自の流動経路の設計により、前方から流れてくる空気はコントロールされたスピードとボリュームで首や肩の上を流れます。